【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

胸部食道癌剔出術施行後極めて良好なる經過をとりたる三治驗例

書誌事項

タイトル別名
  • 胸部食道癌剔出術施行後極メテ良好ナル経過ヲトリタル三治験例
  • 3 Cases of Very Favorable Prognosis Afrer Extirpation of the Thoracic Esophageal Cancer

この論文をさがす

抄録

type:text

It is acknowleged that, hitherto, radical operation for esophageal cancer had very high mortality. In 1948, prof. Nakayama reported a new method of total extirpation of the thoracic esophagus and esphagogastric anastomosis on the anterior wall of the thoracus. In our Surgery Clinic, this operation was perfomed on 29 cases (mortality 18%). We report 3 cases of very favorable prognosis after operation.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ