【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

ヌードマウスにおけるGFP遺伝子組み込みセンダイウイルスの感染, GFPのトレーサーとしての可能性

書誌事項

タイトル別名
  • Green Fluorescent Protein Gene Insertion of Sendai Virus Infection in Nude Mice: Possibility as an Infection Tracer

この論文をさがす

抄録

The green fluorescent protein(GFP)marker from jellyfish Aequorea victoria is considered to have potential use in the study of host-pathogen relationships, by tracing infections in living cells, organs and animals.We compared the pathogenicity of Sendai virus with an inserted GFP gene(GFP-SeV)with that of its wild-type(Wt-SeV)to determine the usefulness of the recombinant virus in long-term infection of BALB / c nude(nu / nu)mice.The results indicated that the presence of GFP in infected cells could be analyzed easily and sensitively.GFP helped in identifying and in understanding the cellular sites of viral replication in vitro and in vivo.However, the GFP insertion into the Wt-SeV genome, led to decreased pathogenicity, altering the in vivo viral kinetics.

オワングゲラAequorea victoria由来緑色蛍光タンパク質(GFP)は, 生細胞, 器官, 動物の感染実験において, 宿主と病原体の関係を研究するうえで有用であると考えられている.今回, BALB / c(nu / nu)ヌードマウスにおける長期感染実験における有用性を検討する目的で, GFP遺伝子を挿入したセンダイウイルスと親株の病原性を比較した.検索の結果, 感染細胞におけるGFPの局在は簡便かつ高感度で解析できることが示された.GFPはin vitroおよびin vivoにおいて, 細胞内でのウイルス増殖部位の同定や解析に有用であった.しかしながら, 親株へのGFP遺伝子挿入は病原性の低下をまねき, その結果in vivoにおけるウイルス動態の変化がもたらされたと考えられた.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ