【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

「総合的な学習の時間」における栄養教諭の食に関する指導の現状と課題 -北海道における実態調査を踏まえて-

書誌事項

タイトル別名
  • Current Status and Issues of Nutrition Teachers' Food and Nutrition Education during "Comprehensive Learning Time"

抄録

本稿では、「総合的な学習の時間」における栄養教諭が行う食に関する指導について、3つの研究課題を設定して検証した。研究対象は、2019年度に北海道の小・中学校に勤務する栄養教諭394名であり、郵送法により質問紙調査に回答した58名が調査対象となった(回答率は14.7%)。調査時期は2019年11・12月であった。アンケート調査票は、大項目2項目、小項目9項目からなり、記述を中心にして該当事項の選択も併用した。研究方法は、小学校学習指導要領(2008・2017年)と「食に関する指導の手引」(2010・2019年)の内容検討を行い、「総合的な学習の時間」における食に関する指導の変遷・構造について比較・考察した。また、アンケート調査結果について統計解析を行った。1つ目の課題である「「総合的な学習の時間」における食に関する指導は、2008年、2017年の学習指導要領と「食に関する指導の手引」(2010年・2019年)とで、どのように構造化されているか。」であるが、これらは、学習指導要領の改訂に合わせて学校の教育活動全体で食育の推進や食に関する指導に取り組むよう構造化されたと判断した。2つ目の課題である「栄養教諭が行う食に関する指導のうち、「総合的な学習の時間」の授業時数は、「特別活動(学級活動)」より少ないのではないか。」であるが、少ないことが分かった。「特別活動(学級活動)」の授業時数は、「総合的な学習の時間」の授業時数の7.1倍だった。また、対象者58名の年間平均授業回数を比較すると、「特別活動(学級活動)」(14.9回)>「総合的な学習の時間」(2.1回)>「道徳科」(0.1回)であった。3つ目の課題である「栄養教諭が行う食に関する指導のうち、「総合的な学習の時間」で行われる授業内容は、「総合的な学習の時間」の趣旨を十分踏まえているか。」であるが、趣旨を十分踏まえた実践は多くなかったと判断した。この主な理由としては、「総合的な学習の時間」として報告された食に関する指導のテーマにおいて、23テーマ中16テーマ(69.6%)が1回だけの実施だったことによる。

This paper presents three research topics relating to food and nutrition education conducted by nutrition teachers during "Comprehensive Learning Time" in Hokkaido, japan. The target of this research was 394 nutrition teachers employed at elementary or middle schools in Hokkaido, of which 58 replied to a paper-based survey administered by mail. The survey period was November to December of 2019; the form featured two main topics and nine sub-topics and included both written response portions and multiple-choice questions. We reviewed the content of the Course of Study for elementary schools (for 2008 and 2017) and the "Guide for Food and Nutrition Education" (for 2010 and 2019). The research compared and evaluated food and nutrition education and the changes made to "Comprehensive Learning Time" activities. There were three main research questions relating to the food and nutrition education presented by the nutrition teachers: 1) In relation to the Course of Study and the "Guide for Food and Nutrition Education," how was food and nutrition education structured for "Comprehensive Learning Time" activities?; 2) Was the amount of class time spent on "Comprehensive Learning Time"” activities lower than that spent on "Special Activities" (homeroom activities) ?; and 3) Was the content conducted in "Comprehensive Learning Time" activities sufficiently consistent with the objectives of these activities? In addition, an analysis of survey results was performed. Regarding the first question, we concluded that such activities were structured to reflect revisions made to the Course of Study to promote food and nutrition education in all aspects of education. Regarding the second question, the amount of class time spent on "Special Activities" was 7.1 times that of the class time spent on "Comprehensive Learning Time" activities. Further, comparing the average number of times each activity was presented by the 58 survey participants revealed the following: "Special Activities" (14.9 times) > "Comprehensive Learning Time" activities (2.1 times) > "Moral Education" activities (0.1 times). Regarding the third research question, we concluded that the actual content was not sufficiently consistent with the objectives in many cases. This conclusion was based on the fact that out of 23 themes presented in food and nutrition education reported as "Comprehensive Learning Time"activities, 16 (69.6%) were presented only a single time.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1051130853415490560
  • ISSN
    1346-4388
  • Web Site
    http://id.nii.ac.jp/1242/00000339/
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • データソース種別
    • IRDB
ページトップへ