【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

介護労働実態調査,2006

メタデータ

公開日
2007-08-27

抄録

本調査は,(財)介護労働安定センターが2006年度に行った,「事業所における介護労働実態調査」及び,併せて行った「介護労働者の就業実態と就業意識調査」の2つの調査を収録したものである。  「事業所における介護労働実態調査」は,介護分野の事業所について,介護労働者の雇用の状況,賃金ならびに賃金制度,人材確保の状況等を調査・分析することにより,介護分野で働く労働者の労働環境に関する問題点を明らかにし,介護事業所による雇用改善のため基礎資料を得ることを目的として実施された。  また,同時に行われた「介護労働者の就業実態と就業意識調査」は,指定訪問介護事業所で働く介護労働者を対象に,その雇用及び勤務形態の実態並びに介護労働者としての業務及び労働条件に関する問題意識を把握し,介護労働者の労働条件確保のための基礎資料を得ることを目的として実施された。  「事業所における介護労働実態調査」(以下,事業所調査)は,2002年度(平成14年度)より毎年実施し,併せて「介護労働者の就業実態と就業意識調査」(以下,労働者調査)を隔年で実施しているが,2006年度(平成18年度)においては,「大規模介護労働実態調査(3年毎に実施)」と位置付け,対象数の大幅増,調査方法・内容の再検討等を行っている。特に,事業所調査では,「雇用管理の状況,賃金制度・賃金管理の状況,教育・研修の状況,福利・厚生の状況」等について,労働者調査では,「労働日・労働時間,賃金,福利厚生,仕事についての考え方,働く上での悩み,不安,不満」等について,調査項目の追加を行い,詳細に把握している。

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ