CiNii Researchの本公開について

放課後の生活時間調査,2008

メタデータ

公開日
2014-03-05

抄録

本調査は,2008年11月に,全国の小学5年生~高校2年生を対象に,子どもたちの生活時間の実態や,時間に関する意識などを明らかにしたものであり,主な特徴として次の4点を有する。 1. 子どもたちの生活時間の2種類の方法による把握  本調査は,(A)平日24時間の生活を15分単位で回答してもらう方法と,(B)アンケート形式で1日あたりの平均時間,1週あたりの活動回数(日数)と活動時間,1年あたりの活動日数などを回答してもらう方法の2種類で生活時間を把握している。 2. 子どもの基本属性や行動パターン別の時間のすごし方の把握  本調査では,子どもたちの学年や性別,居住地域などの基本属性のほか,起床・就寝などの生活習慣,家での勉強や学習塾,習い事や部活動などの状況についても質問項目を設けている。したがって,子どもの平均的な24時間のすごし方だけではなく,さまざまな基本属性や行動パターン別にみたときの,それぞれの子どもの特徴を抽出することができる。 3. 時間のすごし方と時間に対する意識やストレス・将来展望との関係の把握  本調査では,子どもの基本属性や生活時間の実態だけではなく,時間に対する意識やストレス,将来展望についても質問項目を設定している。そのため,子どもの時間のすごし方の実態と意識の関係について分析することができる。 4. 経年比較に配慮した調査設計  調査設計にあたっては,経年での比較を可能にするために,子どもの生活や学習の実態を表す基本的な設問を選択したうえで調査内容を構成している。

注記

※以下のデータは非公開となっています。 ・Q1 1)学校名,5)住んでいるところ(地方区分のみ提供) ・Q12

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

キーワード

詳細情報

ページトップへ