CiNii Researchの本公開について

第60回東京大学学生生活実態調査,2010

メタデータ

公開日
2011-12-01

抄録

東京大学学生委員会学生生活調査室では,1950年を第1回とし,以降,1952年(学生健康保険のための基礎調査),1968年(東大紛争)を除いて毎年度1回,所属学生を対象とした「学生生活実態調査」を実施しており,本調査は60回目にあたる。  開始当初の調査目的は,経済生活を中心とした学生生活の窮乏の実態を明らかにするという,いわば困窮度に関する調査であったが,高度経済成長期以降は,経済生活に加えて,キャンパス・ライフ,不安・悩み,大学への要望,価値観など学生生活の多様な側面も探る調査として実施されている。  調査項目としては,(1)家庭の状況,(2)生活費の状況,(3)住居・通学,(4)奨学金,(5)アルバイトの5項目を基本としており,その他の項目として,各調査年度ごとに学業,外国語,サークル活動, 就職,大学への要望などの項目が検討加味され,今回の調査では,就職や不安・悩みに関する調査項目の充実が図られている。

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

キーワード

詳細情報

ページトップへ