【7/12更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

Presence of <italic>iceA1</italic> but not <italic>cagA</italic>, <italic>cagC</italic>, <italic>cagE</italic>, <italic>cagF</italic>, <italic>cagN</italic>, <italic>cagT</italic>, or <italic>orf13</italic> genes of <italic>Helicobacter pylori</italic> is associated with more severe gastric inflammation in Taiwanese.

収録刊行物

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

  • CRID
    1370002219407748753
  • データソース種別
    • Crossref
ページトップへ