【2022年1月締切】CiNii ArticlesへのCiNii Researchへの統合に伴う機関認証の移行確認について

【1/6更新】2022年4月1日からのCiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

消化管異物83例の臨床的検討

  • 山本 龍一
    埼玉医科大学 総合医療センター 消化器・肝臓内科
  • 加藤 真吾
    埼玉医科大学 総合医療センター 消化器・肝臓内科
  • 原田 舞子
    埼玉医科大学 総合医療センター 消化器・肝臓内科
  • 小板橋 絵理
    埼玉医科大学 総合医療センター 消化器・肝臓内科
  • 天野 芙美
    埼玉医科大学 総合医療センター 消化器・肝臓内科
  • 林 健次郎
    埼玉医科大学 総合医療センター 消化器・肝臓内科
  • 青山 徹
    埼玉医科大学 総合医療センター 消化器・肝臓内科
  • 平井 紗弥可
    埼玉医科大学 総合医療センター 消化器・肝臓内科
  • 知念 克哉
    埼玉医科大学 総合医療センター 消化器・肝臓内科
  • 可児 和仁
    埼玉医科大学 総合医療センター 消化器・肝臓内科
  • 石田 周幸
    埼玉医科大学 総合医療センター 消化器・肝臓内科
  • 宮城 直也
    埼玉医科大学 総合医療センター 消化器・肝臓内科
  • 櫻田 智也
    埼玉医科大学 総合医療センター 消化器・肝臓内科
  • 大野 志乃
    埼玉医科大学 総合医療センター 消化器・肝臓内科
  • 川島 淳一
    埼玉医科大学 総合医療センター 消化器・肝臓内科
  • 佐藤 恵子
    埼玉医科大学 総合医療センター 消化器・肝臓内科
  • 屋嘉比 康治
    埼玉医科大学 総合医療センター 消化器・肝臓内科

書誌事項

タイトル別名
  • Endoscopic removal of 83 foreign objects

抄録

 Endoscopic removal of foreign objects was performed in 83 patients for four years in our hospital. We evaluated the efficiency of endoscopic removal of foreign objects in 83 patients. In the management of patients with a foreign object in the gastrointestinal tract, patients with a foreign object in the esophagus or patients who have ingested a sharp pointed object requiring urgent treatment to avoid an increased risk of complications. The key aim in the endoscopic management of foreign objects in the gastrointestinal track is to avoid causing additional damage during retrieval of the foreign object. The use of devices such as a protector hood and an esophageal overtube may facilitate safer retrieval of an object.

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

ページトップへ