[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

チアゾリジン誘導体はPPARγおよびCa^<2+>/カルモジュリン依存性キナーゼ(CaMK)を介して副腎皮質癌R295R細胞におけるアルドステロン分泌を抑制する

Bibliographic Information

Title
チアゾリジン誘導体はPPARγおよびCa^<2+>/カルモジュリン依存性キナーゼ(CaMK)を介して副腎皮質癌R295R細胞におけるアルドステロン分泌を抑制する
Author
宇留野晃、松田謙、野口直哉、吉川雄朗、工藤正孝、佐藤文俊、伊藤貞嘉、岡本宏、菅原明

Journal

Related Projects

See more

Details

  • CRID
    1010000782124951309
  • Article Type
    journal article
  • Data Source
    • KAKEN

Report a problem

Back to top