[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

一次元量子スピン系のスピンフロップ--量子効果のもたらす新しい磁場中相転移

Bibliographic Information

Other Title
  • 一次元量子スピン系のスピンフロップ : 量子効果のもたらす新しい磁場中相転移(基礎物理学研究所短期研究会「量子効果が顕著な役割を果たす磁性現象の新展開」,研究会報告)
  • 1ジゲン リョウシ スピンケイ ノ スピン フロップ リョウシ コウカ ノ モタラス アタラシイ ジバ チュウ ソウ テンイ

Search this article

Abstract

磁化容易軸タイプの異方性DΣ_j(S^z_j)^2(D<0)を持つ反強磁性体に、この軸に平行な磁場をかけた場合、ある臨界磁場でスピンフロップと呼ばれる一次相転移を示すことが知られている。このスピンフロップに対応する磁場中相転移は、一次元の量子スピン系では、強い量子ゆらぎのために、磁化のジャンプを伴わない、2回の二次相転移になり得ることを、有限クラスターの数値対角化を用いた解析により示す。この2つの相転移の間には、古典系では現れることのない、磁場に平行なincommensurate SDWが実現するものと考えられる。

この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。

Journal

  • 物性研究

    物性研究 72 (6), 811-816, 1999-09-20

    物性研究刊行会

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top