[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

富山県におけるアオマツムシの分布資料への追加Ⅱ

IR

Bibliographic Information

Other Title
  • Additional notes on the distribution of Truljalia hibinonis in Toyama Prefecture II

Search this article

Abstract

アオマツムシはよく知られた外来昆虫で,今日では本州・四国・九州に広く分布し,太平洋側では岩手県,日本海側では山形県が分布北限である.昨年・一昨年に続き,県内の未調査部分を調査した結果,平地では広く一円で,丘陵~山地にかけてでは,谷筋ではおよそ標高300mまで確認され,尾根筋では500m程度まで確認されたが,西部と東部とでは多少差があり,東部では西部より確認される標高が低いことが観察された.

Journal

Details

Report a problem

Back to top