[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

上部ジュラ系九頭竜層群有峰層(富山県南東部)から産出したメニスカス状後方充填構造をもつ化石棲管

IR

Bibliographic Information

Other Title
  • A meniscate backfilled burrow from the Upper Jurassic Arimine Formation of the Kuzuryu Group, southeastern Toyama Prefecture

Search this article

Abstract

富山県南東部(有峰地域)に分布する,浅海成の上部ジュラ系九頭竜層群有峰層から産出した化石棲管を,“horizontal meniscate backfilled burrow”として記載した.化石棲管は,東坂森谷に露出するタービダイト砂岩層に,上面浮き彫り痕として保存されていた.標本の特徴として,左右非対称かつ覆瓦構造をなした後方充填物,薄い裏打ちとその表面の微細な線状構造,および母岩の水平方向へやや拡張する裏打ち等が挙げられる.有峰産標本は,棲管(系)のごく一部であるため標徴を欠き,生痕属種の同定はできない.いくつかの特徴は類似する既知の生痕化石と共通するが,覆瓦構造や線状構造そして母岩へ拡張した裏打ちは,本標本に特有である.

Journal

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top