[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

ルカによる福音書から導き出される医療従事者の心得

IR

Bibliographic Information

Other Title
  • Knowledge for Healthcare Workers Derived from the Gospel According to St. Luke

Abstract

聖書に登場するイエスが病気の人,一人一人を大切にしたところは,医療従事者のお手本である。イエスが病気や障害を持った人と接した記事は,現代の医療従事者にとって標準的な行動指針として参考になる。『新共同訳聖書』をテキストとし,ルカによる福音書の中からイエスによる「いやし」について記した箇所を抽出した。医療現場で遭遇しうる事象をテキストから直接的に連想し,医療従事者の心得として導き出した。イエスによる「いやし」は14編,ケガ人の手当のたとえ話が1編あった。「いやし」の対象となった病気の種類に重複はなかった。これらの話から15の心得が導き出された。

Journal

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top