[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

効果量と検定力分析入門 : 統計的検定を正しく使うために

IR

Abstract

統計的検定は,標本から得たデータ分析結果を母集団にまで一般化させる目的で行われる。統計的検定では,サンプル・サイズ,有意水準,効果量,検定力の4つが検定結果の良し悪しを決定する重要な要素であるため,その基礎的概念の理解が検定を正しく使うためには重要である。そこで,本稿では,効果量と検定力分析の2つの概説を行い,統計的検定を用いている研究において,効果量報告と検定力分析の使用を推奨することを目的とする。

Journal

Details

  • CRID
    1050001202912423808
  • NII Article ID
    120006212302
  • Web Site
    http://hdl.handle.net/10112/6008
  • Text Lang
    ja
  • Article Type
    journal article
  • Data Source
    • IRDB
    • CiNii Articles

Report a problem

Back to top