【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

技術科における協同学習モデルを適用した発明品構想学習の授業プログラムの開発と評価

書誌事項

タイトル別名
  • ギジュツカ ニ オケル キョウドウ ガクシュウ モデル オ テキヨウ シタ ハツメイヒン コウソウ ガクシュウ ノ ジュギョウ プログラム ノ カイハツ ト ヒョウカ
  • Development and Evaluation of Invention Teaching Applying Cooperative Learning Model in Technology Education

この論文をさがす

抄録

技術科における協同学習モデルを適用した発明品構想学習の授業プログラムを開発し、その教育的効果を評価した。中学3年生132名を対象に実践し、質問紙による調査の結果、次の3点が明らかになった。1)共同的課題解決力が身につけられ、特にコミュニケーション力、チームワーク力、創造的態度について効果が確認できた。2)協同学習による発明品構想学習では、個人のアイデアよりもチームによるアイデアの質が向上した。3)発明品構想学習により「もの作りに対する興味・関心」「他人のアイデアを尊重する姿勢」「身のまわりの技術に関する興味・関心」「仲間とのコミュニケーション力」「発明についての興味・関心」「工夫する力」「仲間と協同して課題を解決する力」「情報を発表・発信する力」について生徒達は力の伸びを意識していることが確認できた。

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ