剛体円柱の集合がとり得る構造の研究--周期6軸構造を中心として

Bibliographic Information

Other Title
  • 剛体円柱の集合がとり得る構造の研究 : 周期6軸構造を中心として(修士論文(1994年度))
  • ゴウタイ エンチュウ ノ シュウゴウ ガ トリウル コウゾウ ノ ケンキュウ

Search this article

Abstract

合同な無限長剛体円柱を多数寄せ集めたとき、幾何学的に許される構造を、円柱の方向を[110]型の6方向だけに限った場合について、詳しく調べた。我々は力学的に安定な構造だけを考えるために、自己保持状態という概念を導入した。[110]型の構造を考える上では、自己保持状態は2種類に限定される。そのうちの1種類の構造を調べることにより、そのような構造でトポロジカルに異なる構造が、ちょうど7種類あることを結論できた。これには、既に知られていた土方-福多の構造が含まれ、他の6種類は我々が新たに見い出した構造である。さらに我々は、7種の構造1つ1つに対して正8面体群がもつ24個の回転操作を施し、どの構造がどれだけの対称要素をもつかを調べ、また空間充填率を求めるなどして、構造の特徴づけを行った。

この論文は国立情報学研究所の電子図書館事業により電子化されました。

Journal

  • 物性研究

    物性研究 65 (3), 405-439, 1995-12-20

    物性研究刊行会

Citations (2)*help

See more

Details

Report a problem

Back to top