全方位映像呈示技術

Bibliographic Information

Other Title
  • ゼンホウイ エイゾウ テイジ ギジュツ
  • Full - surround Image Display Technology

Search this article

Abstract

全方位映像を呈示する没入型ディスプレイは最近のバーチャルリアリティの中心的課題の1 つである.著者は“Ensphered Vision”と名づけた,凸面鏡を用いて球体内部のほとんどすべての領域に映像を映すことを可能にする技術を開発した.球面スクリーンとして最もよく知られているのは,プラネタリウムのような半球面に映像を投影する装置であろう.しかし,この場合投影する半球内に人が入ると影を作ってしまうため,半球の外から見なければならない.そのため劇場としては使えても,人間の周囲を覆い尽くす没入型ディスプレイには適さない.Ensphered Vision は通常のプロジェクタの光を平面鏡と凸面鏡の組合せで拡散させることによって,球面スクリーンの全周面に映像を投影する.この方式の最大の特徴は,球体の中心部以外から全周面に投影することが可能であることであり,その結果非常に小型のスクリーンでも中心部から映像を見ることができる.また,市販のプロジェクタがそのまま使えるため,低コストでシステムが構築できる.本論文はこのEnsphered Vision の着想に至った経緯と,最近の研究成果を報告するものである.

Visual immersion plays an important roll in virtual environment. Ensphered Vision is an image display system for wide-angle spherical screen. Sphere is an ideal shape of a screen that covers human visual field. Distance between eyes and screen should be constant while a viewer rotates the head. We use single projector and a convex mirror in order to display seamless image. The optical system employs two mirrors: a plain mirror and a spherical convex mirror. The spherical convex mirror scatters the light from the projector in the spherical screen. The plain mirror provides the viewer to the sweet spot where he/she can see the image from the center of the sphere. This optical configuration enables seamless wide-angle image in a very limited space. This paper presents history and current research activities of the Ensphered Vision.

Journal

Citations (1)*help

See more

References(9)*help

See more

Keywords

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top