学生が到達困難とする看護概論の内容 : 学生の自己評価を分析して

Bibliographic Information

Other Title
  • ガクセイ ガ トウタツ コンナン ト スル カンゴ ガイロン ノ ナイヨウ ガクセイ ノ ジコ ヒョウカ オ ブンセキ シテ
  • Analysis of nursing students’selfe : evaluation on introduction to fundamental nursing
  • 学生が到達困難な看護概論の内容

Search this article

Abstract

看護学概論の教育内容や方法を見直す一助とすることを目的に,授業終了後に実施した学生の目標到達への自己評価を分析した.その結果,用語の定義や看護活動の方法論など,体験や経験したことがないものに関しては,イメージ化が難しく,目標への到達が難しいと感じていることが明らかとなった. 今後,教育方法や内容の検討には,早期に臨地体験を導入することや,学生の体験が少ない内容については,簡単な事例を用いて詳細に講義し,イメージ化ができるような方法の導入が必要である.

I analyzed student’s self-evaluations for meeting their goals once classes ended as a means to assist in the review of educational content and methods in the nursing overview. As a result, it became clear that it was hard for students to achieve their goals and to imagine things they had not yet experienced, particularly for terminology definitions and nursing methodologies. In future, I believe it necessary to discuss activities that will allow students to imagine content they’ve not yet experienced and to introduce clinical experience earlier.

Journal

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top