[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

無線メッシュネットワークにおけるノード単位送信レート選択手法

Bibliographic Information

Other Title
  • ムセン メッシュネットワーク ニ オケル ノード タンイ ソウシン レート センタク シュホウ
  • A Node-Based Transmission Rate Selection Scheme for Wireless Mesh Networks

Search this article

Abstract

IEEE802.11では複数の送信レートが提供されており,各リンクにおいて適切なレートを選択して通信することでスループット向上が期待できる.無線メッシュネットワークではノードは(半)固定設置されており,ノードの移動が生じないためにリンクの品質変動が少ない.そこで,リンクごとに適切な送信レートを求め,リンク品質が大きく変わらない間はこの送信レートに固定して設定することで高スループットが得られることが示されている.本論文では,ノード単位での固定レート設定方式に着目した送信レート選択手法を提案する.提案手法では送信レートを考慮したメトリックを用いてゲートウェイから各ノードへのスパニングトリーを計算し,このスパニングトリーを構成するリンクの接続性を維持する最も高速な送信レートを各ノードで選択する.シミュレーション及び測定実験により提案手法の性能を評価し,均一固定レート設定方式と比較して接続性を維持しつつ,性能を大幅に向上できることを示す.

Journal

References(19)*help

See more

Related Projects

See more

Details

Report a problem

Back to top