トルク変化最小規範に基づく全身リーチング運動の解析

機関リポジトリ HANDLE Web Site オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • トルク ヘンカ サイショウ キハン ニ モトズク ゼンシン リーチング ウンドウ ノ カイセキ
  • An analysis of whole body reaching movements based on minimum torque-change criterion

この論文をさがす

抄録

ヒトの運動の軌道生成に関して、ジャーク最小規範やトルク変化最小規範など運動の滑らかさに基づく軌道生成のモデルが提案されているが、これらめ最適規範モデルを肩と肘の単純な平面内リーチング運動に適用した研究がほとんどである。これに対して全身リーリング運動では、全身の関節を制御してターゲットに手を届かせることと身体の姿勢の安定性を保つことが要求される。本研究ではヒトの全身リーチング運動の計測実験により手先や重心およびCOPの軌道の特徴を見出すとともに、トルク変化最小規範により運動軌道を再現することを試みた。その結果、重み付きのトルク変化最小規範により、これらの身体軌道の特徴がよく再現できることを確認した。さらに評価関数の重みの物理的意味について考察した。

収録刊行物

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ