[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

ソフトウェア規模見積もりと進捗管理手法の提案

Bibliographic Information

Other Title
  • ソフトウェア キボ ミツモリ ト シンチョク カンリ シュホウ ノ テイアン
  • Proposal of new software size estimation and process control methods

Search this article

Abstract

ソフトウェア開発規模見積もりは通常,設計工程後に行われる.ある程度の誤差を許容する前提での上流工程での見積もり手法としてユースケースポイント法が提案されており,その有効性が報告されている.しかしユースケース図も実際の要求仕様書から見ると後の工程と考えられる.そこで要求定義がユースケースではなく自然言語で記述されている場合の上流工程での規模見積もり手法として,次の2つを提案する:①要求を記述する文の数を用いる.②要求記述中の補足的な図表をユースケース記述とみなしてユースケースポイントを計算する.この両者について開発規模との相関を調査した.その結果,すくなくとも情報型の組み込み開発については見積もりが可能であることが判明した.

In ordinary case, software size estimation will be done after design ptocess. The use case point is proposed in order to estimate effort before design process, and its effectiveness has been reported. But in real development process, estimation in upper requirement level is requested. We propose two estimation methods by using informal requirement documents:1)the number of statement, 2)the use case point count based on the figure in requirement document. We investigated the effectiveness of these estimations based on the real development data. and showed the possibility of estimation for the information type embedded software domain.

Article

情報処理学会研究報告 ソフトウェア工学研究会報告. 2005(119):117-124 (2005)

Journal

Citations (0)*help

See more

References(22)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top