[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

新型コロナウイルスに対する中医薬治療の実状と漢方薬・生薬について

IR

Bibliographic Information

Other Title
  • シンガタ コロナウイルス ニ タイスル チュウイヤク チリョウ ノ ジツジョウ ト カンポウヤク ・ ショウヤク ニ ツイテ
  • Therapeutic results of Chinese medicine in China and consideration of Kampo medicine and crude natural products for COVID-19

Search this article

Abstract

COVID-19 が中国で確認され全世界へと蔓延し現在に至っている。中国では傷寒雑病論に収載される小柴胡湯、大青竜湯、五苓散を組み合わせ、21種の生薬を配合した新処方、“清肺排毒湯”が創出された。本処方は214名の患者に対して、90%以上の総有効率が見られ、そのうち60%以上の患者は臨床症状と画像診断で著しく改善され、30%の患者の症状は安定し重症化には至らなかった。清肺排毒湯を解析すると発熱・咳・インフルエンザ等に有効な麻黄、桂皮、杏仁、甘草を配合する麻黄湯が浮かび上がった。そこで麻黄湯の論文調査を行った結果、麻黄湯の有効性が明らかとなり、特に縮合型タンニンの抗ウイルス作用が強いことが判明した。アユルベーダで用いられてきた穿心蓮も麻黄湯同様な作用が認められ、広範囲の疾病に使われてきた。論文調査を行った結果、臨床的に抗ウイルス作用が明らかとなり、その活性成分はアンドログラフォリド類であった。これらの結果から麻黄湯加穿心蓮が COVID-19 に有効であろうとの結論に至った。

Journal

Details

Report a problem

Back to top