[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

コンクリート構造物欠陥部周辺の加振応答特性に関する数値的検討

Bibliographic Information

Other Title
  • Numerical study on vibration response characteristics around defects on concrete structures

Search this article

Abstract

コンクリート構造物の加振応答計測による欠陥部の的確な検出方法の確立を目的とし, 既往研究[1]で用いられた模擬試験体を解析対象とした有限要素法による数値的検討を行った.既往実験で得られた振動変位振幅の複雑な振動姿態は試験体の固有振動によることを明らかにし, 近接した2測定点間で得られる複素振動変位実部の差分値の比較が比較的簡易な欠陥検出に有望との結果を得た.測定時の雑音への耐性の検証および無限要素の導入による開領域での検討が課題である.

Journal

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top