Food Intakes and Physical Activities of Female College Students who participated in the Shokuiku (Dietary Education) Class

Bibliographic Information

Other Title
  • 食育授業に参加した女子学生の食物摂取および歩行運動実施の状況
  • ショクイクジュギョウ ニ サンカ シタ ジョシガクセイ ノ ショクモツセッシュ オヨビ ホコウウンドウジッシ ノ ジョウキョウ

Search this article

Abstract

近年,若年層の朝食欠食をはじめ食生活の乱れや運動不足が問題視されている。T大学では食の専門家を育成しており,将来的に食育活動に携わる者も少なくない。そこで本研究ではT大学1年次生を対象に食育トライアル授業を計画し,参加学生の食物摂取状況や運動習慣を把握することにより,今後の授業計画のための基礎資料を得ることを目的とした。対象者は,食育トライアル授業に参加した学生のうち,調査に協力の得られた女性13名であった。調査の結果,1日あたりの食品群別摂取量は,穀類が366g,いも類は37g,緑黄色野菜は75g,その他の野菜は112g,魚介類は44g,肉類は80g,卵類は22g,菓子類が66gであった。一人一日あたりのエネルギー摂取量は,推定エネルギー必要量とほぼ一致していた。脂質エネルギー比率は29.4%,炭水化物エネルギー比率は56.8%であった。カルシウム,鉄分,水溶性ビタミン類,食物繊維の摂取量は不足するリスクが認められた。特に鉄分と食物繊維は対象者全員で不足のリスクが高かった。食品の適切な選択方法についての知識や技術を身につけること,さらに食環境整備が必要であると考えられた。ライフコーダーにより歩行数を測定した結果,1日の平均歩行数は10,434±2,606歩であり,健康日本21の目標値を上回る人は13名中9名であった。一方,速歩や強い強度の運動時間が短かったことから,今後は健康増進のためにも運動強度を高める教育が必要と考えられた。

In recent years, the dietary lifestyle and lack of physical activity has been regarded as a problem for Japanese youth. We have completed a trial Shokuiku (Dietary education) class which consisted of 13 female students who also acted as experimental participants. We monitored their regular eating habits and physical activity levels. The results indicated that the participants consumed 366g/day of cereals, 37g/d potato, 75g/d green/yellow vegetables, 112g/d other vegetables, 44g/d fishes, 80g/d meats, 22g/d egg, 66g/d of sweets/snacks. The daily energy intake of the participants closely matched the Estimated Energy Requirement. Fat energy ratio was 29.4%, and carbohydrate energy ratio was 56.8%. Most of the participants didn't reach to the EAR level of calcium, iron, and soluble vitamins. For these participants, the lack of iron and dietary fiber was obvious. These results suggested that they need to acquire the knowledge and the know-how to consume the necessary nutrients. According to the results of the Lifecoder, the step counts of female participants were 10,434±2,606 and the walking speed was relatively slow. These results suggested that they need to improve their walking pace for their health promotion.

E

4

KJ00005764602

論文

Article

Journal

Citations (1)*help

See more

Related Projects

See more

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top