[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

長崎の観光における内部障害者の食に関する ユニバーサルツーリズムに関する研究 −宿泊施設・飲食店での腎疾患患者に対する食事提供の現状と課題−

IR

Bibliographic Information

Other Title
  • ナガサキ ノ カンコウ ニ オケル ナイブ ショウガイシャ ノ ショク ニ カンスル ユニバーサルツーリズム ニ カンスル ケンキュウ : シュクハク シセツ ・ インショクテン デ ノ ジンシッカン カンジャ ニ タイスル ショクジ テイキョウ ノ ゲンジョウ ト カダイ
  • Study on the Meal for Internal Disabled Person During the Sightseeing of Nagasaki in the Universal Tourism. : Current Situation and Issue of the Meal Offer for Kidney Disease Patients in Accommodations or Restaurants.

Search this article

Abstract

type:Article

内部障害者が旅行先で安心して飲食をするためには、「食に関するバリアフリー化を目指した観 光地づくり」の推進が重要となる。そこで、外食・宿泊施設での食事提供に関する現状と課題を 明らかにすることを目的として、長崎市内の関連施設を対象に、腎疾患患者に対してより適切な 「食」を提供するためのアンケート調査と半構造化面接によるインタビューを実施した。食事提供 をする上で個別対応数が最も多かったのは、修学旅行などでの喫食者の1 割を占める食物アレル ギー対応だった。腎疾患患者は、直接施設側へ食事内容への要望が少なく、個別対応率は低かっ た。近年は健康的な食事を臨機応変に提供することへの理解が進み、予め要望を伝えればできる限 り対応したいという意見が多く、食事提供に対する心構え、使命感が高かった。その一方で、「食 のバリアフリー化」を推進するためには、疾病について知識を持った人の配置の検討が必要で、対 応する内容が複雑化すると、ヒューマンエラーや責任問題が生じる課題が示された。サービスをシ ステム化し、対応範囲を患者側と食事提供側で検討する必要がある。今後は、実現可能な食のバリ アフリー化を目指し、患者と食事提供施設の互いの立場を尊重し、対応可能な範囲を可視化して示 すことが重要と考えられた。

identifier:http://reposit.sun.ac.jp/dspace/handle/10561/1264

Journal

Details

Report a problem

Back to top