[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

回転型円形テーブルトップシステムにおける大規模情報の視覚化および対話手法

Bibliographic Information

Other Title
  • カイテンガタ エンケイ テーブルトップ システム ニ オケル ダイキボ ジョウホウ ノ シカクカ オヨビ タイワ シュホウ
  • Informaton Layout and Interaction on Rotationable Round Tabletop Systems
  • ヒューマンインタフェース

Search this article

Abstract

近年,多くのテーブルトップシステムが開発されている.しかし,物理的に大きさの限られたテーブル上に多くの情報をいかに表示し,いかに操作するかに関する議論はほとんどなされていない.これに対し,我々は回転可能な円形テーブルトップシステムによりこの問題の解決を試みた.実際にはユーザの手指ジェスチャを認識してテーブル上に投影された情報が回転する仮想回転テーブルと,転がり軸受けを取り付けた円形テーブルトップを実際に回転させることで投影された情報が回転する実回転テーブルの2種類の実装を行った.ユーザはテーブルを回転させることにより,テーブル上に表示された情報をスクロールすることができる.我々は3種類の配置手法,すなわち連続配置,分類配置,らせん配置を提案,実装し,評価を行った.また,仮想回転テーブルと実回転テーブルの利便性と直感性について比較評価実験を行い,その結果,実回転テーブルの利便性が高く,直感的であることが分かった.

Many tabletop systems have been developed, but few of them discussed how to visualize and manipulate a large number of information such as files on the tabletop which is physically limited in size. In order to address this issue, we developed a rotary table. The system recognizes users' hand gestures and the users can rotate the table virtually. The table acts as a scroll wheel and users can see much information by scrolling the table. We investigated three layout method, sequential, classification, and spiral layout on the system. and conducted user studies. Moreover, we also developed a REAL rotary table by using a roller bearing and a round tabletop. Then, we conducted comparative experiments on usability and intuitiveness of two rotary tables.

Journal

Details

Report a problem

Back to top