[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

頭部変形モデルの自動構築をともなう実時間頭部姿勢推定

Bibliographic Information

Other Title
  • トウブ ヘンケイ モデル ノ ジドウ コウチク オ トモナウ ジツジカン トウブ シセイ スイテイ
  • Real-time Modeling of Face Deformation for 3D Head Pose Estimation

Search this article

Abstract

本論文では,ユーザ頭部の変形モデルの構築と頭部姿勢の実時間推定を同時に実行するための手法を提案する.頭部姿勢推定に関する従来手法では,頭部変形モデルを事前に準備する必要があるため,その準備作業が完了するまでは頭部姿勢を推定することが不可能である.これに対し,本手法では頭部姿勢推定と同時に頭部変形モデルを構築し,さらにそのモデルの精度を随時向上させるための機構を実現している.そして,モデルの精度が向上するにつれて,頭部姿勢推定の性能も逐次的に向上する.本論文では,本手法により構築される頭部変形モデルに関する評価実験を行い,その実験結果についても報告する.

We propose a new technique for simultaneously executing face deformation modeling and 3D head pose estimation. Previous methods for estimating 3D head pose require a preliminary training stage for the head model, and cannot start tracking the head pose until this stage is complete. In contrast, our proposed method can acquire and refine a user's deformable head model in parallel with tracking the user's head pose. This allows progressive improvement in the performance for the estimation of head pose and face deformation. The improvement has been successfully demonstrated via some experiments.

Journal

Citations (4)*help

See more

References(18)*help

See more

Keywords

Details

Report a problem

Back to top