蛍光灯通信における受信波形特性を考慮した復号方式の研究 : 転送速度とサンプリング周波数について

Bibliographic Information

Other Title
  • ケイコウトウ ツウシン ニ オケル ジュシン ハケイ トクセイ オ コウリョシタ フクゴウ ホウシキ ノ ケンキュウ テンソウ ソクド ト サンプリング シュウハスウ ニ ツイテ
  • Fluorescent Light Communication : a Study of Waveform Characteristics and Decoding Methods : Transmission Speed and Sampling Frequency

Search this article

Abstract

屋外と同様に屋内における位置情報は歩行者誘導などの面から有用である.そこで,我々は蛍光灯を用いた可視光通信による屋内位置情報システムを検討し,これまでにFSK方式で発信された光信号の波形特性を考慮したディジタル信号処理方式を提案してきた.本稿では,システムの重要な要素である送信時の転送速度と受信器におけるサンプリング周波数について扱う.まず,対応可能な上限転送速度を算出し,信号抽出における処理単位の変更によるサンプリング周波数の低減法について述べる.そして,復号実験によりビットエラー率(BER)と処理の連続性を調査する.実験結果より,転送速度19.2kbps,サンプリング周波数1MHz,距離3mまで10^<-6>以下のBERを確保できることを確認した.

Indoor pedestrian navigation systems using a location based service will become as useful as the better known 'GPS' outdoor systems. We have proposed a digital signal processing method for signals in a fluorescent light (FL) communication system. In this paper we investigate transmission speeds and sampling frequencies when using FL communication. The first step is to calculate the upper transmission speed and to propose how to reduce sampling frequency. Based on the analyses of their parameters we have used a decoding method with a transmission speed of 19.2kbps, and a sampling frequency of 1MHz, at a distance of 3.0m between a photo sensor and the FL, and we have checked the bit error rate associated with the digital signaling process. Our experiments have confirmed that the error rate of each decoded bit was less than 10^<-6>.

Journal

Citations (1)*help

See more

References(19)*help

See more

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top