もうひとつの非言語コミュニケーション「ケータイのディスプレイを"見せる"行為」

Bibliographic Information

Other Title
  • モウ ヒトツ ノ ヒゲンゴ コミュニケーション ケータイ ノ ディスプレイ オ ミセル コウイ
  • Another form of non-verbal communication: showing the users' own mobile phone displays

Search this article

Abstract

「ケータイのディスプレイを"見せる"行為」を非言語コミュニケーションと捉えて,そのコミュニケーションの実態を調査した。アンケートの結果から,ケータイのディスプレイを見せる側,すなわち「送り手」は,同じコンテンツを共に楽しんで,その評価を「受け手」と共感したいという意向を持っていること,その一方で,ディスプレイを見せられる「受け手」の方は,相手の接近的な意向を酌み取っていることが示された。この結果は,「送り手」と「受け手」の間には,その対面的相互作用において,意味の食い違いが起こりやすいことを示唆する。また,調査結果は,「ケータイのディスプレイを"見せる"行為」と「ケータイのディスプレイを"見る"行為」は互いに影響下にあることを示した。その受け入れられやすさという点では,両者は相補的な関係にあり,秘匿性という点では,両者は相乗的な関係になりうることを指摘した。本稿では,「ケータイのディスプレイを"見せる"行為」を非言語コミュニケーションとして理解することの必要性を主張する。

In this paper, we interpret "showing the users' own mobile phone displays" as a form of non-verbal communication and investigate the real use of this form. Results of a questionnaire revealed that the 'sender' who showed his/her mobile phone display to the 'receivers' intended to enjoy the displayed contents together, develop empathy with them, and also notice their various reactions. On the other hand, these results also revealed that the receivers who viewed the sender's mobile phone display appreciated the sender's intention of getting along well together. Results suggested that disagreement between the sender's and receiver's intentions could possibly occur during their face-to-face communication. Results of the investigation suggested that "showing the sender's own mobile phone displays" and "viewing the sender's own mobile phone displays" are influenced by each other. It is observed that the two types of non-verbal communication are complementary with regard to acceptability and synergic with respect to concealment for the sender. This paper thus reveals that "showing the users' own mobile phone displays" should be interpreted as a form of non-verbal communication.

Journal

Citations (1)*help

See more

References(17)*help

See more

Related Projects

See more

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top