[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

無線LAN APにおけるリアルタイム通信のための確率的データ廃棄方式の評価

Search this article

Abstract

近年,携帯端末の普及に伴い,無線LAN(IEEE 802.11)においても音声通話やストリーミングビデオなどのリアルタイム通信の品質を保証することが重要な課題となっている.そこで,著者らは,データ通信にTCPを用い,リアルタイム通信にUDPを用いることを前提とし,これらの通信が混在する状況において,ネットワークの混雑に応じてTCPセグメントを含むフレームを確率的に廃棄し,リアルタイム通信のために帯域を確保する方式を提案したが,その評価は十分ではなかった.そこで本論文では,典型的なネットワーク環境において,ネットワークシミュレーション実験を行い,従来のIEEE802.11を用いた場合と,提案方式を用いた場合のTCP通信とUDP通信の平均スループットを比較することで,提案方式の有効性を示す.

Journal

Details

Report a problem

Back to top