メタモデル進化に対するモデル変換共進化手法

書誌事項

タイトル別名
  • A Model-Transformation Co-evolution Method

抄録

生産性向上,移植性向上などへの期待からMDA(モデル駆動アーキテクチャ)への注目が高まっている.MDAで用いられるモデルはメタモデルに準拠して作られるが,メタモデルは対象ドメインやプラットフォームに応じて作られ,開発の中で拡張・修正されることも多い.こうしたメタモデルの進化が起こると,それに基づいて作られたモデルや,モデル変換もあわせて進化(共進化)させる必要があるため,効果的な共進化手法が求められている.本稿では進化前と進化後のメタモデルの差分に基づきモデルを共進化させる既存研究を発展させ,モデル変換を共進化させる手法を提案する.提案手法の実現可能性を示すために,共進化の環境を実装し,基本的な進化シナリオに照らしてモデル変化の共進化が期待通り行われることを確認した.

MDA (Mode Driven Architecture) is one of promising approaches that improve productivity, portability and so forth. Models developed in MDA are compliant with their meta-models. Meta-models may depend on target domain or underlying platforms, and are subject to change during development lifecycle. In case such meta-model evolutions occur, developers have to also evolve models and model transformations in order to make them consistent with evolved meta-models. So far, various model co-evolution methods are proposed. Based on one of these methods, we propose a model transformation co-evolution method. We also implement a co-evolution support environment, and demonstrate the feasibility of our method in terms of some evolution scenarios.

収録刊行物

関連プロジェクト

もっと見る

キーワード

詳細情報 詳細情報について

  • CRID
    1050292572137513216
  • NII論文ID
    170000078063
  • Web Site
    http://id.nii.ac.jp/1001/00094960/
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    conference paper
  • データソース種別
    • IRDB
    • CiNii Articles
    • KAKEN

問題の指摘

ページトップへ