【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

虚偽情報フィードバックを用いた生体情報の制御手法

情報処理学会 HANDLE オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • A Method for Controlling Biological Condition Using Feedback of False Information

この論文をさがす

抄録

近年,健康への意識の高まりから健康支援システムに対する注目が集まっているが,従来の健康支援システムは生体情報をもとにアドバイスを送るような間接的な支援がほとんどであった.本研究では,健康支援システムが提示する情報の内容をユーザが疑わないことを活用し,プラセボ効果を用いて生体情報を操作する新しい健康支援システムを提案する.本稿ではそのような健康支援システムを実現するために,運動時や緊張時のように心拍が大きく変化する状況において虚偽情報をユーザに提示することにより生体情報に影響を与えられるか検証する.評価実験の結果から,虚偽情報の有効性はユーザにより異なるがその影響には一貫性があることや,虚偽情報の種類により影響の大きさが異なることが確認された.また,現在の心拍数とコンテキストにより,自動で虚偽情報を生成し提示するシステムを実装した.

収録刊行物

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ