音楽の正体,あるいはその根底にあるもの(前)-2022 年度公開講座報告-

IR

Bibliographic Information

Other Title
  • The Original Function of Music, or What Lies at the Root of It(I): A Report of an Open Lecture of the 2022 Academic Year

Search this article

Abstract

type:Article

本稿は,筆者が講師を務めた公開講座「音楽の正体を探る─“学校音楽"のはるか彼方─」の報告(前編)である。講座の趣旨説明に続き,まず「学校音楽」の性格を概説する。つぎに,音楽をめぐる二つの誤解「音楽は楽曲のことである」「音楽は音響のことである」を打ち崩し,音楽が演奏行為を重要な契機とすること,その上で音響の根底に「間」という原理が働いていることを解き明かす。最後に,「音楽」「間」「時間」「いま」「自分」を一連の概念と位置づけ,音楽が連続的流れの中で生の在り方を明確に示すことこそ,私たちが音楽を学ぶ意味にほかならないと結論づける。

Journal

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top