【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

ルクセンブルク語ヴィルツ方言話者の言語生活 : 2014年の調査から

機関リポジトリ オープンアクセス

書誌事項

タイトル別名
  • ルクセンブルクゴ ヴィルツ ホウゲンワシャ ノ ゲンゴ セイカツ : 2014ネン ノ チョウサ カラ
  • Communicative Practices of Speakers of Wiltz Dialect of Luxembourgish : A Report Based on the Interviews Conducted in 2014

この論文をさがす

抄録

ルクセンブルクは、ルクセンブルク語を国語とし、さらにこれにドイツ語とフランス語を加えた三言語を公用語とする多言語国家である。ルクセンブルク語は、主として話し言葉での使用に限定されていたが、近年文章語としての使用も増加している。それに伴い標準ルクセンブルク語が浸透しつつあるが、一方で方言がまだよく用いられる地域もある。本稿では、方言が保持されている地域として知られるルクセンブルク北部地域のヴィルツで実施した方言話者に対するインタビュー調査の結果を報告し、彼らの言語生活において方言が持つ意味と今後方言が継承される可能性について考察する。

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ