[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

ペットボトルリサイクルシステムにおける再商品化用途開発の評価 : ペットボトルは,ペットボトルにリサイクルされているのか?

IR

Bibliographic Information

Other Title
  • ペットボトル リサイクル システム ニ オケル サイショウヒンカ ヨウト カイハツ ノ ヒョウカ : ペットボトル ワ ペットボトル ニ リサイクル サレテ イルノカ
  • An Evaluation on the PET Bottle Recycling System : A Feasibility Study of PET TO PET Recycling

Search this article

Abstract

1997年に容器包装リサイクル法が施行されて,ペット(PET)ボトル回収量は年々増加している。また再商品化用途も多岐に渡るようになったが,PETボトルを回収してみたものの,再商品化義務量の枠外であるということから再商品化されず,滞蔵しているものも多い。今後さらにPETボトル回収量の増加が見込まれることから,回収されたPETボトルをいかに市場へ戻すかというPETTOPETリサイクルを検討していくことは,極めて重要な政策課題である。

また,リサイクル製品にも環境負荷が低いことや経済効率性が良いことが求められることから,再商品化用途を開発する際に,それらを客観的に評価する必要がある。本研究ではPETボトルリサイクルの環境負荷および経済効率性の観点から,埼玉県川口市を事例研究の対象都市に選び,PET TO PETリサイクルの再商品化用途としての位置づけを明らかにし,リサイクルシステムに組み込むためにはどのような仕組みづくりが必要であるかを明らかにする

Journal

Related Projects

See more

Details

Report a problem

Back to top