様々な筋収縮レベルにおける重畳M波による筋疲労過程の解析

Bibliographic Information

Other Title
  • サマザマ ナ キンシュウシュク レベル ニ オケル チョウジョウ Mハ ニ ヨル キン ヒロウ カテイ ノ カイセキ
  • Analysis of Muscle Fatigue Process Using Superimposed M Wave at Several Contraction Levels

Search this article

Description

リハビリテーションやトレーニングの場面では, 簡便かつ定量的に筋疲労を推定する方法が望まれている.本論文では, 誘発筋電図を用いて定量的に筋疲労を推定する方法について検討を加えた.つまり, 様々な筋収縮レベルにおいて, 一定随意収縮運動中に電気刺激にて誘発される重畳M波(Superimposed M wave)を計測し, M波の特徴点での瞬時周波数(Instantaneous Frequency : IF)と背景筋活動から得られる平均周波数(Mean Power Frequency : MPF)との間の関係について, MPF-IF散布図で調べた.その結果, 低い筋収縮レベルでは, MPFとIFとの間に有意な正の相関が認められないか, 相関係数が負であったのに対し, 高い筋収縮レベルでは, 高い正の相関を示すグループと有意な相関がなくなるグループとに分類できた.これらの, 筋収縮レベルによるMPF-IF散布図やMPFとIFとの相関係数の違いを用いて, 定量的に筋疲労を推定できる可能性を示した.

Journal

Citations (1)*help

See more

References(21)*help

See more

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top