[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

非対称アンテナに対する改良型Wheeler法における放射効率落ち込み回避法の比較検討(<特集>無線システムの進展の基盤となるアンテナ・伝搬技術論文)

Bibliographic Information

Other Title
  • ヒタイショウ アンテナ ニ タイスル カイリョウガタ Wheelerホウ ニ オケル ホウシャ コウリツ オチコミ カイヒホウ ノ ヒカク ケントウ
  • Techniques of Avoiding Some Dips in Radiation Efficiency of Non-symmetrically-Shaped Antennas Evaluated by Reflection Method

Search this article

Abstract

小形アンテナの簡易放射効率測定として知られている改良型Wheeler法では,被測定アンテナを自由空間内及び可動短絡付きの導波管内に設置したときの反射係数を測定することで放射効率を算出する.これまで筆者らは,モノポールアンテナに限定して,アンテナと可動短絡の間の距離あるいは可動短絡間の距離が管内波長の半整数倍となる際に,放射効率の落ち込みが生じることを明らかにしてきた.本論文では,非対称構造のアンテナとして長方形ループアンテナ及び逆Fアンテナを取り上げ,モノポールアンテナで得られた落ち込み条件を実験的に考察する.アンテナを導波管に挿入する際の向きと落ち込み周波数などの関係を明らかにし,反射係数の大きさに着目した落ち込み回避法がアンテナの種類を問わずに利用できることを明らかにする.

Journal

Citations (1)*help

See more

References(6)*help

See more

Details

Report a problem

Back to top