訓子府町における土壌凍結促進技術「雪踏み」による野良イモ対策

Description

大型タイヤローラーを用いた圧雪処理(雪踏み)による土壌凍結促進効果を検証するとともに,土壌凍結を促進することにより,野良イモが減少することを実証した。また,土壌凍結深は30cmを目指し,ばれいしょ収穫後のロータリー耕とサブソイラ施工が効果的であることを示した。その効果を地元関係機関や訓子府町4Hクラブと共に実証内容の普及に努めた結果,実施面積は30ha(平成25年)から1,506ha(平成29年)と急速に拡大した。

Journal

  • 北農

    北農 86 (2), 158-165, 2019-04

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top