The Effects of Onomatopoeias on the Language Acquisition in Early Childhood

Bibliographic Information

Other Title
  • 幼児期の言語獲得におけるオノマトペの役割
  • ヨウジキ ノ ゲンゴ カクトク ニ オケル オノマトペ ノ ヤクワリ

Search this article

Abstract

40022254097

オノマトペは日常的に数多く使用されていて,特に感覚的なものを共有したいときにその力を発揮する。オノマトペは幼児語や母親語と共通点があると思われるので,オノマトペは幼児にも親しみやすく,多用されやすいと推察できる。そこで,幼児期の言語獲得において,オノマトペはどのような役割があるのかを文献を通して検証する。結果として,オノマトペは音の印象と抽象的なことばを結びつける役割を果たしていることが明らかになった。

There are a lot of onomatopoeias frequently used on a daily basis. Onomatopoeias are especially effective when sharing vague senses. Onomatopoeias have some common points with infant languages and motherese. Therefore, it can be inferred that onomatopoeias are easy for infants to use; thus, infants frequently use onomatopoeias. This paper examines the role of onomatopoeias in language acquisition in early childhood through literatures. In conclusion, onomatopoeias play a role in linking an impression of sounds with abstract words.

Journal

Details

Report a problem

Back to top