ヲコト点電子化のためのデータ構造と入力支援システムの試作

Bibliographic Information

Other Title
  • A Data Stricture and Input Support Tools for the Diacritical Mark(wokototen) in the Glossed Materials

Description

本稿は,漢文訓読に使われる訓点であるヲコト点を電子的に扱うためのデータ構造を提案する.提案方式の特徴は,漢文中の一文字に対し,文字の中心を原点とする7×7の座標系を作り,付与されたヲコト点の座標を定め,文字を親,ヲコト点を子とする木構造のデータ形式で保持することである.今回はさらに,定義したデータ構造を用いて,ヲコト点が付与された資料を電子化し,表示,訓読するための入力支援システムを試作したので,その機能についても述べる.また,システムの実装の結果明らかになった問題点についても議論する.

We propose a data structure and input support tools for the documents marked up with the diacritical marks(wokototen). We discuss the problem about the diacritical mark processing on the computer. We define the integer coordinate system with its origin based at the center of the character to structurize the diacritical marks. And we make two tools for support to input the documents marked up with the diacritical marks. One tool can make a XML text used the defined integer system, and the other tool can replace a XML text to a transcription in Japanese.

Journal

Details 詳細情報について

  • CRID
    1050574047097171712
  • NII Article ID
    170000072980
  • Web Site
    http://id.nii.ac.jp/1001/00087023/
  • Text Lang
    ja
  • Article Type
    conference paper
  • Data Source
    • IRDB
    • CiNii Articles

Report a problem

Back to top