フィーチャモデルの近似的解析によるフィーチャ構成導出手法

書誌事項

タイトル別名
  • A Feature Configurations Derivation Method Based on Approximate Feature Model Analysis

この論文をさがす

抄録

フィーチャモデルからのフィーチャ構成導出は製品系列開発などで行われる重要な作業であるが,導出の計算量はNP完全であり,大きなモデルからの導出や導出の繰返しはコストが高い.フィーチャモデルの構造を解析することによって,たとえば導出の繰返しを効率化したり,より小さなサイズのフィーチャ構成を導出したりすることができるが,構造の解析もまた高コストである.本稿では,構造の解析を低計算量で近似的に行い,それに基づいてフィーチャ構成を導出する手法について提案する.シミュレーションによる評価で,本手法がフィーチャ構成導出の繰返しや,小さなサイズのフィーチャ構成導出に有効性を持つことを確認した.

Feature configurations derivation from feature model is an important activity in product-lines development. As the computational complexity of the derivation is NP-complete, derivations from large feature models or repetition of derivations are expensive. By analyzing feature model, we could repeat the derivation efficiently or derive smaller size of feature configuration. However, the analysis of feature model is also expensive. In this paper, we propose a feature configuration derivation method in which we analyze feature model approximately at lower cost. We evaluate the method in terms of simulation and the result shows the effectiveness of the method.

収録刊行物

関連プロジェクト

もっと見る

詳細情報 詳細情報について

  • CRID
    1050845762839757952
  • NII論文ID
    170000149454
  • NII書誌ID
    AN00116647
  • ISSN
    18827764
  • Web Site
    http://id.nii.ac.jp/1001/00187316/
  • 本文言語コード
    ja
  • 資料種別
    journal article
  • データソース種別
    • IRDB
    • CiNii Articles
    • KAKEN

問題の指摘

ページトップへ