スマトラ沖大地震・インド洋津波6ヵ月後の被災地調査 : スリランカのアンバランゴタ地区の現状

Bibliographic Information

Other Title
  • スマトラオキ ダイジシン インドヨウ ツナミ 6カゲツ ゴ ノ ヒサイチ チョウサ スリランカ ノ アンバランゴタ チク ノ ゲンジョウ
  • Report on areas devastated by Sumatra Earthquake & Indian Ocean Tsunami : conditions six months later in the Ambalangoda region of Sri Lanka
  • アンバランゴタ地区の被災現状

Search this article

Abstract

昨年12月26日に,インドネシアのスマトラ島北端沖で発生したスマトラ沖大地震によるインド洋津波被害で,スマトラについで津波による被害が多かったスリランカに,被災6ヵ月後の復興状況,感染症発生状況,被災者の健康調査などを目的に被災地の調査に入った.スリランカ東南部地域の被災状況を報告し,看護職としての援助のあり方や,物資援助について考察した.

We visited Sri Lanka, which received the most damage after Sumatra six months after the Sumatra Earthquake struck the northern coast of the Indonesian island last year on December 26 and caused a tsunami in the Indian Ocean. We investigated reconstruction efforts, the spread of infection and the health conditions of survivors in the southeast portion of the island country, made reports on the devastated areas and made observations on health care and aid supplies.

Journal

Citations (1)*help

See more

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top