[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

A Study of the Introduction of GLOBALGAP in the Agricultural Marketing of Vegetables : The Case of the Kitahibiki Agricultural Cooperative, Hokkaido, Japan

JASI HANDLE Open Access

Bibliographic Information

Other Title
  • 北海道青果物産地におけるGLOBALGAP導入に関する一考察 : 北ひびき農協蔬菜特別栽培部会を事例に
  • ホッカイドウ セイカブツ サンチ ニ オケル GLOBALGAP ドウニュウ ニ カンスル イチ コウサツ : キタヒビキ ノウキョウソサイ トクベツ サイバイ ブカイ オ ジレイ ニ

Search this article

Abstract

食の不安・不信の解消が一向に進まない中で,農業生産段階における食品安全性確保の有力な方策としてGAP(: Good Agricultural Practice)への関心は高まっている。農水省は2010年にGAPのガイドラインを公表しGAP普及を政策的に推進しているが,実態は,大規模小売業(: 量販店)が独自に策定したGAP(: 量販店GAP)や,諸団体が策定したGAPの普及が事実上の標準として先行している。本稿で注目するGLOBALGAPは,発祥の地である欧州より世界中に拡大し,近年,日本の複数の量販店においても,差別化商品であるプライベート・ブランド(: PB)基準として採用され,取引産地にその導入が要請されている。

Journal

Citations (0)*help

See more

References(0)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Keywords

Details

Report a problem

Back to top