[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

複数給電型パラサイトアレーを用いた適応指向性制御方式(無線システム,<特集>高速無線通信を支えるアンテナ・伝搬技術論文)

Bibliographic Information

Other Title
  • フクスウ キュウデンガタ パラサイト アレー オ モチイタ テキオウ シコウセイ セイギョ ホウシキ
  • Consideration on Adaptive Beamforming with Multiport Parastic Array Radiator Antenna

Search this article

Abstract

適応指向性制御を行うDBFアレーはRF回路を複数系統備える必要がある.そのため回路規模や消費電力などが増大するという問題がある.この問題を解決するために,素子の一部をハードウェア構成の容易な素子とした複数給電型パラサイトアレーアンテナを使った適応指向性を行うことを提案する.MuPARアンテナは複数の給電素子とハードウェア構成の容易な可変リアクタを装荷したパラサイト素子から構成されるアンテナである.したがって同型のDBFアレーと比べてRF回路やA-D変換器の少ない構造のため小形化・低消費電力化することができる.一般のDBFアレーは重み制御のみで適応指向性制御可能であるが,MuPARアンテナではパラサイト素子によるアナログ制御も必要なため,適応指向性制御はディジタル制御とアナログ制御の組合せとなる.本研究では,パラサイト素子におけるリアクタンス値の最適化には最急こう配法を,給電素子における最適化にはRLSアルゴリズムをそれぞれ適用した場合の適応指向性制御能力について検討する.

Journal

Citations (0)*help

See more

References(10)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top