A Survey of Student Needs for Psychology Education

Bibliographic Information

Other Title
  • 心理学教育に関する学生ニーズの検討 : 学部学生・大学院生を対象とした調査から
  • シンリガク キョウイク ニカンスル ガクセイ ニーズ ノ ケントウ : ガクブ ガクセイ・ダイガクインセイ オ タイショウ ト シタ チョウサ カラ

Search this article

Abstract

本研究では,大学生・大学院生の心理学教育に対するニーズを明らかにするため2つの調査を実施した。研究1では,学部学生を対象に進学動機や心理学教育に対する認識,ニーズ等に関する質問紙調査を実施した。研究2では,大学院生を対象に学部教育と大学院教育の連携に関するインタビュー調査を実施した。分析の結果,興味関心がある授業と就職のための授業を区別する対処を学生が行なっていること,早い段階で将来の見通しを学生が持てるような対応をしていくことが必要なこと(研究1),および学部学生と大学院生とでは求める学びに違いがあること,大学院では学びの捉え直しが生じること,資格取得のための受身的動機が強いこと(研究2)が明らかとなった。以上のことから,インターンシップやボランティア体験を通じ,授業で学んだ心理学を積極的に活用する機会を学びの中に設けることによる,心理学の有用性に関する理解の前倒しが心理学教育には有効であると考えられる。

In this study, two surveys were conducted to clarify the needs of undergraduate and graduate students for psychology education. In Study1, a questionnaire survey was conducted on undergraduate students’ motivations, awareness of psychology education, needs, etc. In Study2, an interview survey on collaboration between undergraduate and postgraduate education was conducted for graduate students. It was found the students took action to distinguish between classes of interest and classes for employment, and it is useful to cope with the prospects of the future at an early stage (Study1), and that there was discrepancy between learning sought by undergraduate students and that by graduate students, they rethink learning in graduate schools, and that there is strong passive motivations for acquiring qualifications (Study2). Therefore, it is considered effective for psychology education to accelerate understanding by providing opportunities to actively use psychology learned in class through internships and volunteer experiences.

3

論文

Journal

Related Projects

See more

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top