【4/18更新】CiNii ArticlesのCiNii Researchへの統合について

養護教諭養成課程「生徒指導論」におけるアクティブラーニングの試み

書誌事項

タイトル別名
  • 養護教諭養成課程「生徒指導論」におけるアクテイブラーニングの試み
  • ヨウゴ キョウユ ヨウセイ カテイ 「 セイト シドウロン 」 ニ オケル アクテイブラーニング ノ ココロミ
  • Attempt of active learning for "Student guidance"in course of Yogo teacher training

この論文をさがす

抄録

【目的】筆者が担当した養護教諭養成課程の「生徒指導論」の講義にアクティブラーニングの手法を導入した講義事例を通じて、アクティブラーニングの効果、課題について検討することであった。【方法】講義は学生同士のディスカッションと学生によるプレゼンテーションを中心に構成され、12名の学生が受講した。ディスカッションは校則に関する内容、プレゼンテーションは不登校といじめに関する内容で実施した。筆記試験の内容、授業アンケートの内容を分析対象とした。【結果】教員による一方的な講義よりもアクティブラーニングを取り入れた授業のほうが、学生が主体的に学び、考えている一方で、学生が授業時間外での準備に過重な負担を感じていることも明らかとなった。【結論】アクティブラーニングは学生の能動的学修を促す効果が高いと考えられた。しかし、学生の過重な負担を軽減するかが課題である。(著者抄録)

収録刊行物

被引用文献 (0)*注記

もっと見る

参考文献 (0)*注記

もっと見る

関連論文

もっと見る

関連研究データ

もっと見る

関連図書・雑誌

もっと見る

関連博士論文

もっと見る

関連プロジェクト

もっと見る

関連その他成果物

もっと見る

詳細情報

問題の指摘

ページトップへ