Psychological support for athletes with IT cognitive behavioral therapy

Bibliographic Information

Other Title
  • 電子的な認知行動療法システムのアスリートへの心理サポート援用
  • デンシテキ ナ ニンチ コウドウ リョウホウ システム ノ アスリート エ ノ シンリ サポート エンヨウ

Search this article

Abstract

Cognitive Behavioral Therapy (CBT) is not limited to therapeutic improvement of depression but can support people who are prone to depression in their daily lives. The purpose of this paper is to confirm the suitability of an eCBT system for providing psychological support to athletes. The experiment was conducted on 12 participants with only e-learning and no direct intervention. But since most athletes completed the experiment without using the eCBT system, an intervention experiment using the system to support the intervention was conducted. In this intervention experiment, one injured athlete was given support for 5 weeks, and as a result, the subject was able to acquire multifaceted thinking in daily and competitive life. The results of the experiment show that an eCBT system can be an important tool in providing psychological support to athletes.

認知行動療法はうつ状態の改善をはじめとする治療側面のみならず,うつ傾向にある人々の日常生活の支援に用いられている。本研究の目的は,アスリートへこの手法を援用する際に,電子的なシステムの心理サポートへの適切性について確認することとした。実験は,12名の参加者に対してeラーニングのみで直接的な介入をしない実験を行ったが,ほとんどのアスリートはシステムを用いることなく終えたため,システムを介入のサポートに用いた介入実験を実施した。介入実験では,受傷したアスリート1名を対象として5週間行い,結果,日常及び競技生活について多面的な思考を獲得しえた。このことにより,電子的なシステムは心理サポートにおいて中心的なツールとなりうることが確認された。

Journal

Related Projects

See more

Details 詳細情報について

Report a problem

Back to top