[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

A case of tricuspid valvuloplasty for symptomatic tricuspid regurgitation due to ventricular pacing lead

DOI
  • Mishima Takehito
    Department of Thoracic and Cardiovascular Surgery, Niigata prefectural Shibata Hospital
  • Goto Tatsuya
    Department of Thoracic and Cardiovascular Surgery, Niigata prefectural Shibata Hospital
  • Shimada Koji
    Department of Thoracic and Cardiovascular Surgery, Niigata prefectural Shibata Hospital
  • Ohzeki Hajime
    Department of Thoracic and Cardiovascular Surgery, Niigata prefectural Shibata Hospital

Bibliographic Information

Other Title
  • 著明な右心不全を呈した心室ペースメーカリードによる三尖弁閉鎖不全症に対して三尖弁形成術を施行した1例

Search this article

Abstract

症例は74歳男性. 1991年に洞不全症候群に対してVVIペースメーカ埋め込み, 1995年にリード断裂に対しリードの追加を施行. 2009年にジェネレータ交換のために入院した際, 顔面浮腫, 腹部膨満あり, 三尖弁閉鎖不全 (TR) 4度を指摘された. 2011年4月肝障害, 腎不全をきたし入院. ペースメーカによる高度のTRが症状の原因と考えられ手術となった. 術前のCT検査では腹水を認め, 心エコー検査では, 三尖弁尖は離開しTR4度を認め, また僧帽弁閉鎖不全 (MR) 2度も認めた. 人工心肺心停止下に僧帽弁輪の形成術を施行した後, 三尖弁を観察すると, 2本のリードのうち使用していない古いリードが後尖とその腱索に癒着し後尖の動きを妨げていた. この癒着を剝離し, 古いリードを抜去した. 三尖弁の弁尖に明らかな異常は認められず, 著明な三尖弁輪の拡大に対し弁輪形成を施行した. 使用しているリードはそのまま温存できた. 術後の心エコー検査でMRは消失, TRは1度となり, 腹部膨満は著明に改善した. ペースメーカ移植後に重度のTRから著明な右心不全をきたし手術にいたる症例は稀と思われる. また, 2本のリードの1本のみ抜去し, 1本を温存し三尖弁を修復した手術の報告は認められず, 稀な症例と考え若干の考察を加え報告した.

Journal

  • Shinzo

    Shinzo 46 (6), 742-746, 2014

    Japan Heart Foundation

Details

Report a problem

Back to top