[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

Kamikihito improves memory dysfunction in Alzheimer’s disease

Bibliographic Information

Other Title
  • アルツハイマー病の記憶障害を改善する帰脾湯・加味帰脾湯
  • アルツハイマービョウ ノ キオク ショウガイ オ カイゼン スル キヒトウ ・ カミキヒトウ

Search this article

Abstract

アルツハイマー病(AD)の根本的治療薬とは病気の原因を抑える薬である,という考えに基づいて,近年Aβを抑制する作用を有した多くの候補薬が開発されてきた.しかしそれらが,臨床試験では有益な効果を示さないことから,病因を抑えるだけではアルツハイマー病治療に十分でないことが確実になってきた.我々は以前より,AD脳において生き残っている神経細胞を機能的・形態的に活性化させることで,正常な神経回路網を構築させることができれば,神経組織が変性した状態からでも,ADの記憶障害が改善できるはずだと考えてきた.そこで,Aβによって誘発される神経回路網破綻に対して,それを修復する活性を有する可能性のある漢方方剤として,帰脾湯および加味帰脾湯に着目し,そのAD改善作用を検討した.マウスにAβ(25-35)を脳室内投与して記憶障害を生じさせるモデルにおいて,帰脾湯の投与は空間記憶障害を改善させた.また,遺伝子改変ADモデルである5XFADマウスに加味帰脾湯を投与すると,物体認知記憶障害が顕著に回復した.5XFADマウス脳内では,Aβプラークと重なる領域に限局した,軸索終末の球状化と前シナプスの肥大化,すなわち軸索の変性が認められるが,加味帰脾湯投与群ではこれらの変性が有意に減少した.また加味帰脾湯には,PP2A活性を亢進することで,過剰にリン酸化されたtauを脱リン酸化フォームにシフトさせ,軸索の形態的,機能的の正常化をもたらしている作用があることが示された.以上,帰脾湯,加味帰脾湯は,アルツハイマー病の脳内における神経回路網の破綻を修復しうる作用を有していることが我々の研究により明らかになった.他グループの臨床研究においてもアルツハイマー病の中核症状に対しての改善作用が臨床研究でも示されており,帰脾湯・加味帰脾湯の有用性が期待される.

Journal

Citations (0)*help

See more

References(20)*help

See more

Related Articles

See more

Related Data

See more

Related Books

See more

Related Dissertations

See more

Related Projects

See more

Related Products

See more

Details

Report a problem

Back to top