[Updated on Apr. 18] Integration of CiNii Articles into CiNii Research

Prognostic Impact of Supraventricular Arrhythmias : From the Ibaraki Prefectural Health Study (IPHS)

  • Murakoshi Nobuyuki
    筑波大学医学医療系循環器内科 茨城県総合健診協会茨城県立健康プラザ
  • Xu Dong Zhu
    筑波大学医学医療系循環器内科 茨城県総合健診協会茨城県立健康プラザ
  • Sairenchi Toshimi
    茨城県総合健診協会茨城県立健康プラザ 獨協医科大学公衆衛生学講座
  • Igarashi Miyako
    筑波大学医学医療系循環器内科 茨城県総合健診協会茨城県立健康プラザ
  • Irie Fujiko
    茨城県総合健診協会茨城県立健康プラザ 茨城県保健福祉部
  • Tomizawa Takuji
    茨城県総合健診協会
  • Tada Hiroshi
    筑波大学医学医療系循環器内科
  • Sekiguchi Yukio
    筑波大学医学医療系循環器内科
  • Yamagishi Kazumasa
    茨城県総合健診協会茨城県立健康プラザ 筑波大学医学医療系社会健康医学
  • Iso Hiroyasu
    大阪大学大学院医学系研究科社会医学専攻
  • Yamaguchi Iwao
    茨城県総合健診協会
  • Ota Hitoshi
    茨城県総合健診協会茨城県立健康プラザ
  • Aonuma Kazutaka
    筑波大学医学医療系循環器内科

Bibliographic Information

Other Title
  • 住民健診における上室期外収縮の診断的意義―茨城県健康研究―

Search this article

Abstract

【目的】一般住民における上室期外収縮の長期予後については,いまだ不明である.本研究の目的は,一般住民健診における上室期外収縮の診断的意義を調べることである.【方法と結果】われわれは1993年の年次一般住民健診を受診し,2008年まで経過を追えた63,197名(平均年齢58.8±9.9歳,67.6%女性)を解析した.一次エンドポイントは平均14年のフォローアップ期間中の脳卒中死亡,心血管死亡,または全死亡,二次エンドポイントは心疾患あるいは心房細動(AF)のない解析対象者における最初のAFの発生とした.上室期外収縮のない解析対象者と比較して,上室期外収縮のある解析対象者のハザード比(95%信頼区間)は,脳卒中死亡:男性1.24(0.98~1.56),女性1.63(1.30~2.05),心血管死亡:男性1.22(1.04~1.44),女性1.48(1.25~1.74),全死亡:男性1.08(0.99~1.18),女性1.21(1.09~1.34)であった.AFはフォローアップ期間中386名(1.05/1,000人年)に発生した.ベースラインでの上室期外収縮の存在は,AF発症の有意な予測因子であった〔(ハザード比(95%信頼区間):男性4.87(3.61~6.57),女性3.87(2.69~5.57)〕.傾向スコアマッチング解析でも,上室期外収縮の存在が交絡因子の補正後もAFの発症および心血管死亡のリスク上昇に有意に関連していた.【結論】一般住民における12誘導心電図での上室期外収縮の存在は,AF発症の強い予測因子であり,心血管死亡リスクの上昇に関連している.

Journal

References(7)*help

See more

Details

Report a problem

Back to top